ウラ・やんみ

2つ目=ウラ。つまりサブブログです…。
中華圏ネタが中心です♪華流ドラマのレビューもやってます♪

<< コーヒーブレイク? | main | 中国の豪雪は100年ぶり!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
キラメキの季節 まとめ(2)
中国ドラマ「キラメキの季節」 まとめ(登場人物版)♪

海平(ハイピン)・・・優柔不断、なのに結構意地っ張り(特に意地を張らなくて良いところで)。でも、とってもいいやつ(だと思う)。娜拉(ナラ)とうまくいって(多分)よかった、よかった。でも、演劇については下手だけど思いは人一倍。

呉思(ウー・スー)・・・海平に負けず劣らず優柔不断。こいつのせいで艾彤(アイトン)、穎之(インジー)と三角関係っぽくなっちゃいました。演劇についても海平と同じ感じ。

小剛(シャオガン)・・・最初は高田純次ばりにいい加減なやつだなぁと思っていたけど、実はいいやつでした。しかもそれは襲撃事件に巻き込まれて発覚。災難がいいほうに転んだかもしれません(痛かったけど)。

艾彤(アイトン)・・・いかにも優等生という感じの級長。呉思に思われていたし、実は
艾彤も好きでした。親子関係で色々あったけど、それが一段と彼女を成長させたんじゃないでしょうか…。

穎之(インジー)・・・自分のことよりも呉思のことを考えてました。少しでも自分勝手なところがあればうまくいってたかも…。でも、私としては穎之派(対艾彤)。主要登場人物の中で一番演技がぎこちなかったかもしれません。

安然先生(アンラン)・・・先生の中の先生かもしれません。すばらしい先生です。こういう先生に自分も出会ってみたい!反面、恋人への対応はちょっといけないところがあったかも(それも生徒を大切に思うからでしょうが)

趙先生(タオ・ラオシー)・・・最高の登場人物、この人のために作られたといっても過言では無いでしょう(やんみの妄想)。かわいい顔して厳しく指導する姿が最高♪(別にそういう趣味ではありません)。登場時間が少なかったのが残念至極。

娜拉(ナラ)・・・クラス一のがんばり屋さん。韓国からの留学生にも関わらず、演劇に京劇にとがんばり続けました。そしていろいろあったものの海平とはうまくいっているようです(多分)。中国語の吹き替えが不自然だったのがちょっと気になりましたが…。

ということで、本当の最終回。レビューもこれで終了です。残念!
でも、これまでの中国の現代劇の中では一番面白かったかも♪


JUGEMテーマ:海外ドラマ


| comments(2) | trackbacks(0) | キラメキの季節&天使の約束 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |
まとめお疲れ様でした!私しか見ていないのかと思われたキラメキの季節…やんみさんのお蔭で毎週楽しく見られました。私はアイトンが好きでした。いかにも中国人ぽい顔立ちとスタイル、声。呉思にはもったいない!今私が好きなのはミステリーチャンネルでやっている「契、血に染む」です。また時々のぞきに来ます。頑張ってくださいませ。
| おうやん | 2008/02/05 6:32 PM |

おうやんさん。
「契、血に染む」、機会があれば見てみようと思います。毎回コメント頂いてありがとうございました♪ これからもよろしくお願いします!
| やんみ | 2008/02/09 9:31 PM |










http://yangmi.jugem.jp/trackback/261