ウラ・やんみ

2つ目=ウラ。つまりサブブログです…。
中華圏ネタが中心です♪華流ドラマのレビューもやってます♪

<< 恋する爆竹 その2 | main | 日本のドラマ評 その3(まとめ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
尋秦記 タイムコップB.C.250 その4
「尋秦記 タイムコップB.C.250」 第4話レビュー

「和氏の壁」を取り返しに向かうところで前回は終了。今回はその続き…。

取り返すための作戦は???
「下剤」でした〜♪♪♪せこっ!!!

厠にまで持っていくんですがさすがに何往復もすると…、ということでついに置いて行ってしまいます。そこへすかさず侵入♪取り返す&本物のところに偽物を入れておくという小細工♪さてこれがどう出るか…。

翌朝、取り返したので再び出発。助けた烏家のお嬢様は相変わらず…。怖えぇ〜(違う意味で)。完全に切れちゃってますから…。そして兄は弱ぇ〜!!!(少龍が強いのかもしれませんがそれにしても…)。でも、父親は冷静な人間のよう。とりあえず話を聞くという姿勢がいいね。

一方、壁事件の首謀者でスパイの趙穆。連晉を使って烏家を陥れるつもりが、少龍の策略によって見事烏家を救い、しかも趙穆に壁を出させることに成功。これによって趙穆は少龍のことをタダ者ではないと思ったようです…。でも、いきなり少龍嵌められても動じずに乗り切ったわけだから趙穆も切れ者。ついでに、王は見るからにおバカさん。一般に代を重ねるごとにだめになっていくもでしょうからこんなものかといった風に捕らえておきましょう♪

そしてお嬢様。なんかやることが小さいというか、それでいてやってはならないことをやっちゃっているというか…。違う意味であなどれない存在。これから変化していくのかな???

そして、今度は謁見の時に厠へ行くはずが、迷ってたまたま助けた姫をとりこに…。これで3人目?

やっぱり気になる現代語。みんなが突っ込みを入れるのに使い続けるのはやっぱり習慣だから???でも、いちいち説明するところが面白いんだけどね♪

次回はわけのわからん剣勝負から…。続く!



ぽすれん

監督:マン・ワイフン
出演者:ルイス・クー、 ジェシカ・ヘスター、 ミッシェル・チェン、 レイモンド・ラム
収録時間:177分
レンタル開始日:2007-02-01

Story
『柔道龍虎房』のルイス・クーほか、香港の演技派俳優が共演したSFアクションTVシリーズの第1巻。特別警察官の若きリーダーが、紀元前250年へとタイムスリップ。策略と陰謀が渦巻く戦国時代で、生き残りを賭けた闘いが始まる。第1話から第4話を収録。 (詳細はこちら


JUGEMテーマ:海外ドラマ


| comments(0) | trackbacks(0) | 尋秦記(じんしんき) | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









トラックバック機能は終了しました。