ウラ・やんみ

2つ目=ウラ。つまりサブブログです…。
中華圏ネタが中心です♪華流ドラマのレビューもやってます♪

<< 天使の約束 第14回レビュー | main | 日本の今クールのドラマも終盤。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
キラメキの季節 第14回レビュー
中国ドラマ「キラメキの季節」 レビュー
第14話「一筋の光明」


前回は海平(ハイピン)の顔にアルコールがかかってしまったところで終了でした。ということで今回はその続き。

顔にアルコールのかかってしまった海平を安先生たちは急いで病院に連れて行きます。そして娜拉(ナラ)たちもその後を追います。

病院に着いた娜拉たち。急病人が運ばれてきていないかを聞いて、手術室に駆けつけます。そこで「失明しました」といわれてしまいます。でも、それは80歳の老人のことでした。こういうシーンではよくありがちな早とちりバターンです。いわゆるベタなシーン…。

ということで海平は普通に治療を受けて、目を洗浄して、5日間包帯をまいて治療すれば大丈夫という診断でした。

娜拉は自分の責任だと泣いてしまい、海平のことが好きだと告白。海平は急な娜拉の告白に戸惑ってしまっています。まあ、海平も娜拉のことを意識していたから当然でしょうが…。

で、包帯が巻かれていて、身の回りのことができない間、娜拉は親身に海平の世話をします。そのことにまたもや戸惑うというか照れてる海平。好きな子に逆に意地悪をしてしまうように、ちょっとぶっきらぼうに応対したりしちゃってます。

それを気にする娜拉。嫌われているんじゃないかと思い、包帯が取れたらもう会いにこないと宣言してしまいます。これにはさらに戸惑う海平。なぜか病院の先生に娜拉への気持ちを打ち明けたりしてます。素直になかなかなれないもんなんですねぇ…。

でも、包帯の取れる日、決意した海平は娜拉に告白。ここからようやく海平と娜拉の恋が始まります。

一方、穎之(インジー)は唯一の身寄りのおばあちゃんの体が心配でたまらず、小剛(シャオガン)は出演したCMを見た子供からの手紙に心を動かされ…。

次のタイトルは「小剛の災難」ですから、この手紙が何かを引き起こすんでしょう…。

JUGEMテーマ:海外ドラマ


| comments(4) | trackbacks(0) | キラメキの季節&天使の約束 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |
海平のナラへの告白、泣けました。ナラは
完全に韓国語をしゃべってて北京語の吹き替えに
なってますが、感情移入ができてますよね。
やんみさんは本当にたくさん中国ドラマを見てますね。ビックリです。マイナーですがスカパー241Chでやってる「運命のまなざし」は主役の邵兵がカッコよいです。内容もお奨めですよ。
| おうやん | 2007/12/11 11:19 PM |

>おうやんさん
コメントありがとうございます。
吹き替えは以前から気になっていました。チャン・ナラの声が違うからちょっと違和感があったんですよね…。
「運命のまなざし」は見てみたいですね。でも、残念ながらスカパーは契約していないから見れないんですよ…。「運命の〜」といえば韓雪さん主演の「運命のいたずら」というイメージが強いです。
| YANGMI | 2007/12/13 1:08 PM |

「運命のいたずら」をご存知なんですね!すごい〜。なんとひょんな事からDVDを全巻持っているのですが内容が辛そうなので見ていません…。「運命のまなざし」は「運命のいたずら」を制作した会社の「運命シリーズ」第2段です。次のシリーズも早く出して欲しいです。
| おうやん | 2007/12/13 8:05 PM |

>おうやんさん
「運命のいたずら」のあらすじを聞いたら「牡丹と薔薇」を想像してしまいました…。つらい内容のを見ると自分までつらくなってしまうので見ようとおもいつつなかなか見れていません。つらいながらもひたむきに生きる姿が描かれてはいるんでしょうが…。
| YANGMI | 2007/12/15 6:22 PM |










トラックバック機能は終了しました。