ウラ・やんみ

2つ目=ウラ。つまりサブブログです…。
中華圏ネタが中心です♪華流ドラマのレビューもやってます♪

<< マッサ 2年連続PP | main | 菊花賞とったぞ〜!!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
キラメキの季節 第7回レビュー
中国ドラマ「キラメキの季節」レビュー

今回で7回目になります。

第7回「レストランの危機」

前回、田舎の店を売却した林海平(リン・ハイピン)の両親。上京してきて、大学の近くにレストランを開きます。海平は両親の気持ちを知りつつも、大学の近くで店を開くといいうことには困惑…。
まあ、こんな風に近くでやられたら両親は大切でも、恥ずかしくなるでしょうね…。海平の気持ちはよくわかる。というか、多くの人が同じように思うんじゃないでしょうか。

で店は繁盛するものの、必死に隠そうとする海平。それを知った娜拉(ナラ)は海平を叱りつける・・・。
かなり怒ってます、娜拉。「大切なものが何かわかっていない、失望した」とまで言われてしまいます。そこで、海平は大切なものに気づく。やっぱドラマやねぇ〜。ちゃんと気づくから…。

でも、そんな両親に災難が…。
店を出したところが取り壊しに…
―だまされた
同郷のふりをしたある男に、金を出してレストランを共同経営しないか?といわれて信じて出資するも、持ち逃げされた挙句、男はただの内装業者だった…
―だまされた

かなり大変なことになっています。両親は憔悴してしまっています。

どうにかしようとする海平。
レストランを訪れて、オーナーの人に内装業者のことを聞きます。

果たして、解決できるのか???

がんばれ、海平!!!
| comments(0) | trackbacks(0) | キラメキの季節&天使の約束 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









トラックバック機能は終了しました。